火災保険の対象となった外壁塗装の作業は完璧でした

雪害で外壁塗装を検討

雪害で外壁塗装を検討施工会社に依頼してみた満足な仕上がりになりました

私の住んでいる地域では、積雪量が多いために長く住んでいるとどうしても雪害の被害を受けてしまうことがあります。
その内容は屋根は傾斜が本州の住宅よりも角度があり、敢えて屋根に降った雪を地面へと落下させるような構造です。
我が家だけではなく同じエリアの多くの住宅で、同様の構造で建てられている住宅が殆どですが、問題は雪の落下により外壁に被害が出てしまうことがたまにあります。
寒冷地の場合は雪が屋根に降り積もっても、翌日には全てが落下するのではなく、ある程度の積雪量に達した際や、プラス気温になった時に落下することが多いので、屋根の上の雪は下の部分は住宅からの熱により雪が解けて氷になることが非常に目立ちます。
この氷が外壁に落下する際に当たることで、穴が開いてしまうことがあり、私の経験上でも30年で3回程度の被害を受けてきました。
今までは自主的に補修材を購入して修復してきましたが、後に火災保険に付随する内容に雪害が含まれていることを知り、保険適用での外壁塗装を初めて行った経験を持っています。
最初は情報収集をパソコンで行っていましたが、その間に近隣住宅に住む知人から、保険適用に詳しい施工会社があることを伝えられ、紹介という形で仕事を任せました。

箕面市・豊中市・吹田市・茨木市・高槻市で外壁塗装を検討されている方必見!

「絶対に損しない!北摂エリアの助成金と外壁塗装の見積もり相場とは?」https://t.co/P1Z5ny7zy6

分かりやすくてメッチャおすすめのサイトです😆

— めいさん (@meitaro3) February 17, 2021